自社サービスのブランド化による差別化戦略

今日の日本においては全てが満ち足りています。私たちの毎日の生活を見渡しても不足していたり、絶対的になくて困っているようなものは何一つないといっても過言ではないでしょう。その成熟している日本市場においてはすでに先行している企業や事業所が市場においてはシェアを大きく占めているので、後発組にはなかなか入り込んでシェアを伸ばしていくことは非常に困難なものです。そのような企業にとって重要なことは同じような商品やサービスをブランド化できるほどにまで特化していき、他社とは違うことをアピールできる戦略をとっていかなくては生き残れません。またそのようなサービスや商品を徹底的に差別化できるほど付加価値をつけていくことが出来れば、同様の商品やサービスを提供してくる他社との値下げ競争などに巻き込まれることなく価格を維持することができますので業績にも大きく貢献することができるのです。ブランドイメージを確立していくことが重要な戦略になってくるのです。

自社サービスのブランド化による差別化戦略

ブランドの戦略で売れるかどうかきまる

ブランドは、その戦略で売れるところになるかそうでないかっていうのがきまります。やっぱり、最初からどんどん売れるというところもあるけど、ターゲットの年代層と、服のイメージあとは、起用するモデルさんと、全体のイメージというのが大事ですね。これがうまく重なりあって、初めて、人気のお店になるというものです。いきなり、なんにもなしで店舗を開いても人気の出るところにはならないですね。きちんとリサーチして、これくらいの値段でこういう客層を狙うっていうのを打ち出しているところは強いです。基本的に、コンセプトをしっかりもってるところは強いなって思います。よそに迎合するのではなくて、しっかり独自の価値観があるお店は、徐々にお客さんも増えてい気、どんと爆発的に人気のでるところになったりするんですね。そうするために準備は必要です。

ブランドの生き残り戦略

多くのブランドがひしめき合っているファッション業界。デザインだけで生き残りをかけるのは難しくなってきました。同じ系統でも同じようなデザインのブランドが多くどこで購入しても価格もデザインも同じでそのショップ独自のコンセプトが分からないお店が多いです。その中で生き残りをかけて行っている戦略は顧客対応の向上です。現在は黙っていて売れる時代ではありません。いかに気持ち良く購入して頂けるかが大切になります。顧客の購入した商品や来店時の会話を管理しておき、再来店時に活かすことで話が弾みお客様からは次もこのスタッフから買いたいと思って頂けるようになります。お店のファンになってもらうのはもちろんですが、スタッフのファンになってもらうことが再来店に繋がる一番の効果です。トップセラーのスタッフには沢山の顧客がついているものです。