おでんを作った後、大概の場合残りだしは出てきます。しかし、捨ててしまう者もいるのではないかと考えていますが、捨てるのはもったいないです。なので、別の料理に活用するのもアリなのではないかと考えています。そういう残りの汁を使ったレシピというのは複数実在しています。例に出して言えば、雑炊またはおじやの汁に使ったり、炊き込みご飯、ロールキャベツなどの材料に使ったりしたレシピが実在しています。カレーうどんを作るための材料にも使えるそうです。以上から結構、おでんの残り汁は食材として価値がある汁です。言うまでもなく、おでんを食べる際に、肉、ジャガイモなどの具と一緒に飲むというのもアリですが、料理のレシピにも使えるので、万が一、だしがいっぱい残ってしまった場合は料理の材料として使うのは勧められると考えます。



日本料理の基となるだしの本質



だしは、漢字で表記すると出汁です。何かから出した汁となりますが、日本料理ではカツオ節やコンブ、いりこ、にぼしなどを煮て出した汁が代表的です。魚介類や海藻類などの海の幸が主力ですが、シイタケや野菜、豚肉、牛肉、鶏肉など様々なものからだしをとります。例えば、味噌汁であっても、単に味噌をこすだけではなく、きちんと取ることで、味に深みが出てきますし、いい香りがします。だしは、日本料理の味のもととなる、きわめて重要な要素です。料理は、甘い、酸っぱい、苦いといった味覚のほかに、肉や野菜、キノコや海藻から抽出したうまみ成分を加え、味に深みやコク、風味を出します。これらの成分は、化学的に、アミノ酸やグルタミン酸、イノシン酸などがその基であることが解析されていますので、これを粉末状にした調味料もでていて、家庭でも手軽に使えます。



日本人の味覚の基本となるだし



料理にちょっとしたひと手間をかけてあげるだけで劇的においしくなるものがあります。その中の一つに、だしがあります。日本料理には欠かせないもので、日本人の口に合い、昔から家庭料理にも多く使われてきました。だしの効いたお味噌汁を飲むと、不思議とおふくろの味という感じがしてホッとするものですよね。日本人の味覚の基本ともいってもよいだしですが、スーパーに行けば手軽に使えるインスタント調味料のものもあり、それらを使ってもおいしくなりますが、手間をかけて本格的にとると、一味もふた味も変わり格別な料理へと変化させる事ができます。カツオ、昆布、シイタケ、煮干しなどその種類は色々とあります。料理によって相性があるので、その時によって使いわけるといいでしょう。煮物などちょっと自信のない方は、裏技として使用してみるとよいでしょう。